和む由もがな

夏の旅 2009.#04 「ケーブル下ー」と「ロープー上ー」・・・ 

c0187744_20474839.jpg

黒部ダム、そして室堂と訪ねましたが、ここで大切なのが交通機関です。
立山黒部アルペンルートは、長野県側の扇沢駅から富山県側の立山駅までの間、自家用車で通れません。
そこでこの区間は、さまざまな交通機関が整備されています。

私たちは、ここ扇沢駅から室堂までの往復でしたので、その間の素晴らしい交通機関を紹介しましょう。
今日は、ちょっと長いです・・・^^;



c0187744_2048687.jpg

扇沢駅から黒部ダム駅間は、関電トロリーバスです。
日本では馴染みの少ないトロリーバス。 ここ立山黒部アルペンルートでしか乗ることができません。
ここは、黒部ダム建設時の資材搬送用トンネルを通りますが、バスに電車のパンタグラフのような棒がついています。
電気バス・・・ですね。 ちょっと不思議です・・・。



c0187744_2251241.jpg

黒部ダムから先へは、ケーブルカーとロープウェイになります。
黒部湖駅から黒部平駅間は、ケーブルカーです。



c0187744_2252018.jpg

この駅員。素晴らしくおしゃべりが上手です。
ここだけの話ですよ・・・と言うことで教えていただきました。
黒部湖駅から先はケーブルカートとロープウェイを乗り継ぎますが、
ケーブルカートとロープウェイの簡単な見分け方を教えていただきました。
乗り物(箱)よりケーブルが下にあるのが、ケーブルカー(下・・・かー)・・・。
乗り物(箱)よりロープが上についているのが、ロープウェイ(上・・・うえー)・・・。
だそうです・・・^^;
完全な、ネタでした・・・。 でも、上手でしたね・・・。



c0187744_225319.jpg

ここからケーブルカー・・・です。このトンネルの中を登ります。
先の駅員さんによると、乗り物の右側でも左側でも景色は一緒です。 トンネルですから・・・(^^ゞ



c0187744_20485443.jpg

これはケーブルカーの次、黒部平駅から大観峰駅までのロープーウェイ・・・です。
左上の白く見えるのは、残雪・・・です。



c0187744_2254394.jpg

大観峰駅から室堂駅までは、再びトロリーバス。



c0187744_20493190.jpg

最初のトロリーバスとは色が違います。 ここは関電バスではないんですね・・・。
その名も、立山黒部貫光・・・。観光ではなく貫光・・・です。



c0187744_20494542.jpg

室堂からの折り返し。 再びトロリーバス。
運転手なめで見る前を走るトロリーバス。 狭いトンネルを走ります。
トンネルの天井には、命綱の電線があります。
う~ん、運転してみたい・・・。



c0187744_20501053.jpg

行きの逆の順番で乗物に乗ります。
ロープウェイ・・・です。



c0187744_20495937.jpg

ケーブルカー・・・です。 お客さんも下りる方向を向いていますよね・・・^^;



c0187744_20502254.jpg

最後の乗り換え。 奥には関電トロリーバスが待っています。



c0187744_20503442.jpg

トロリーバスの屋根。
角のようなパンタグラフのような棒が、電線を捕まえています。
何度見ても、不思議・・・(^^ゞ



c0187744_20504677.jpg

これは扇沢駅に待機する、本物のバスです。
観光バスで大量にお客さんを運びます。 観光地ですね・・・。


ということで、立山黒部アルペンルートの乗り物を紹介いたしました。
それほど大そうなことではありませんが、楽しかったですね・・・。

でも、いまだに『ケーブルカー(下・・かー)』と『ロープウェイ(上・・うえー)』のネタが、忘れられません。
もう一度行きたい。 駅員さんに会いに・・・^^;

# by nagomuyoshi | 2009-09-02 21:24 | Trackback | Comments(13)